通販型と代理店型の違いについて

自動車保険には、通販型と代理店型が有ります。どちらも自動車保険に変わりはありませんが、いくつか違いはあります。

一番違う点と言えば、営業スタイルなのでは無いでしょうか。

通販型自動車保険は、ここ数年でどんどん増えている自動車保険会社です。通販型は店舗を持たず、保険会社から保険の直接販売を行っているのです。

通販型自動車保険に加入したい人は、ネットや電話で問い合わせをして見積もりを出してもらい、その後郵送で手続きをする形態が主となっています。何か不明な点があれば電話ですぐに対応をしてくれるでしょう。

次に代理店型です。代理店型は店舗を構えて直接お客様にお会いして、保険についての相談に乗ります。代理店型自動車保険は、保険会社から保険契約者の募集を委託されているのです。

その為代理店型の自動車保険会社は、営業スタイルが企業によって違います。

担当者の腕も大きく関わってくるのが、店舗型自動車保険なのではないでしょうか。

一人の担当が付き、自動車保険のプランや料金などについていろいろと説明をしてくれるでしょう。

しっかりとした担当が付いてくれると、より良い自動車保険のプランを提案してくれて、円滑に自動車保険の契約をする事が出来ます。

また代理店の近くで事故が起きた場合は現場まですぐに駆けつけてきてくれる事が強みなのではないでしょうか。

ここ数年で通販型自動車保険が伸びているのは、料金の安さのおかげだと思います。

店舗を構えない為、維持費などを安く済ませる事が出来るので、通販型自動車保険は店舗型自動車保険よりも安い価格で提供する事が出来るのです。