自動車保険の3つの補償について

自動車保険には3つの補償が有ります。

まずは、相手への補償です。自動車事故と言うものは、人様を巻き込んでしまう可能性がとても高いものなのです。

他人の車にぶつけてしまい怪我をさせてしまった、車で人にぶつかって怪我をさせてしまったなど、様々なパターンがあるでしょう。

この時に、事故に巻き込まれた相手を補償する為の物です。入院費、治療費、それから弁償金等になります。対人賠償、対物賠償等と言われる事もあるでしょう。

次に、自分の車に同乗していた人に対する補償です。

自動車と言う物は、複数で乗る機会も多い乗り物ですよね。もし事故が起こった時、自分だけではなく同乗していた人も事故に巻き込まれ怪我をしてしまう可能性があります。

車の中で、事故にあったときに一番安全なのは運転席だと言われています。同乗者の入院費等を支払うための補償なのです。

最後に自動車への補償です。

これは車両保険と言われており、事故にあった車が破損してしまった場合の修理費にする事が出来る補償です。

事故の度合いにもよりますが、もしかしたらもう運転出来ない状態になり新しい車を購入しなければいけない事もあるでしょう。補償されたお金で新しい自動車を購入する事もあります。

この様に、自動車保険には対人賠償や対物賠償、車両賠償等の種類があります。

それぞれ金額の制限等が有るので、その辺りを確認したうえで自動車保険の加入を考えて見て下さい。

いざと言うときの事を考えると、補償金額は無制限の所を選んだ方が良いでしょう。