任意保険と強制保険について

自動車保険には任意保険と強制保険があります。

強制保険は、本来は自賠責保険と言われているものです。自動車を所持している人であれば、全ての方が加入しなければいけないという点から、強制保険と言われるようになりました。

この強制保険に加入していなければ、公道を走る事が出来ません。また、自動車の登録や車検を受ける事が出来ません。

強制保険で補償される項目は、人身事故の賠償損害のみです。

また、補償金額も決められており、被害者が死亡した場合は最大3000万円、後遺症が残る場合は最大で4000万円、怪我をしてしまった場合は最大で120万円補償されます。

次に任意保険です。こちらはあくまで任意保険なので、加入する義務は有りません。

しかし、強制保険では賄う事が出来ない補償内容は沢山有ります。事故に合った自分自身の事、事故の被害者の車や道路等の賠償金額、そして、同乗した人の治療費等です。

これらをすべて実費で負担をする事は難しいですよね。その為、多くの方が任意保険にも加入しています。

任意保険には様々なプランがあり、どのくらいの金額を補償する事が出来るか等で料金も変わって来るでしょう。

強制保険だけでは足りない部分を補ってくれるのが、任意保険の役割です。

壊したもの、自分自身の車、事故に関わる諸経費や自身、同乗者の補償をしっかりと行う為にも、任意保険への加入をお奨めします。