車両保険の必要性

車両保険は加入した方が良いかしないほうが良いか、悩む人も多いでしょう。
対人や対物等は、被害総額な膨大になる可能性も有ります。
その為、加入する事が出来る人であれば、必ず加入する事をお奨めします。

しかし、車両保険は自分自身の車に対する保険です。
車が事故に起きても、車両程度であれば実費で修理をするもしくは新しい車に買い替えるという方も多いでしょう。

車両保険は、一般タイプとエコノミータイプに分けられています。
一般タイプは、車両の破損や盗難の際に修理代金を受ける事が出来る補償です。
エコノミータイプは、単独事故、当て逃げ等による場合を除いた補償になります。
その為、もし車両が盗難にあった場合でも対応になるのです。

もし自分の車の価値が高く、盗難されてしまう可能性があれば、車両保険への加入をお奨めします。
最近は、カーオーディオやカーナビを狙った車両荒らしも有るそうです。
これらの補償にも対応しているのが、エコノミータイプの車両保険です。

自分の車に価値が有ると思う方は、加入して置いた方が良いでしょう。

また、中には車両保険加入をお奨め出来ない場合も有ります。
車の年号が古い場合、ドライバーの年齢が若い場合、等級が低い場合は、車両保険料金が高くなり、
車両保険が補償されたとしても毎月の保険料の方が高くなっている場合があります。

車両保険は、他の自動車保険に比べて必須な物では有りません。
自分の車、年齢、等級等と見極めて、加入を検討しましょう。