自動車保険の中断証明について

自動車保険に加入していても、何かしらの理由があり、車の所持を放棄する事があるでしょう。
引っ越し等により車がいらなくなり廃車にする場合や返還する場合や海外に転勤などにより海外に車を持っている場合も有るかもしれませんね。

そんな時は、自動車保険の中断証明書を行わなければいけません。
これは、あくまで中断をするという意味なので、等級については10年間そのままで利用する事が出来ると言われています。
その為、もし自動車を手放す機会があれば、自動車保険の中断証明書を行っておくと良いでしょう。

中断証明書を発行する為には、いくつかの条件があります。
解約日もしくは満期日までに、廃車等の手続きが終えている場合等です。
いくつかの条件全て満たしている場合は、中断証明書を発行する事が出来ます。

中断証明書を発行する為には、中断証明書発行依頼書、中断前の保険証券の写し、車の廃棄や譲渡、返還の証明書類等を用意して、代理店に行きましょう。
これで、中断証明書を発行する事が出来ます。

また、中断証明書を発行したうえで保険等級を引き継ぐ為にはいくつか条件があります。
期間は10年以内、新しい車を取得してから1年以内の加入、中断前後の車の所有者が同一人物である事等です。
全ての条件が満たせない場合は、保険等級を引き継ぐ事が出来ないので注意しましょう。

自動車保険再契約する場合は、中断前の自動車保険の中断証明書と、車検証の写し等新しく車を取得した事が確認できる書類を用意して下さい。